要注意!NISA(ニーサ)のデメリット|愛媛県・松山市・今治市・西条市・新居浜市・四国・ファイナンシャルプランナー・ライフプラン・生活設計・相談(有料相談・無料相談)・保険診断・保険の見直し・セミナー講師・家計・節約・家計診断・将来設計・マイホーム・住宅ローン・生命保険・医療保険・教育資金・資産運用・FP・相続(税金)対策・生前贈与対策・遺言・遺産分割・事業承継対策・老後対策・介護対策・年金対策・人生設計 // エフピコグループ・FPiCO English academy・塾・英語・英会話・初心者〜上級者・英語進学塾・学習塾・受験・小学・中学・高校生・英検・留学相談・通訳・翻訳

ライフプラン相談 FPiCO
FPは人生とお金のホームドクター

過去のメルマガ

※過去のメルマガですので、制度や法律改正に伴い、現在と差異があることがございますのでご注意ください。

「NISA(ニーサ)のデメリット」

いつもありがとうございます。


愛媛(松山・新居浜・今治)を中心に活動しているFP(ファイナンシャルプランナー)の柳原です。


ご存知の方も多いと思いますが
来年から、NISA(ニーサ)〔=少額投資非課税制度〕がスタートします。はじまっていますね!!

通常20.315%の税金がかかるところを、「株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を毎年投資金額100万円分まで非課税にする制度」です。


メリットに関してはよく説明されていますが、デメリットもあります。
私も利用するつもりですが、デメリットもよく知った上で始めることが大切です。


[その1] 他の口座との損益通算ができない

上場株式・外国為替証拠金取引・デリバティブ系商品等は、一年間における損益を合算(通算)することができます。
しかしNISAではそれができませんので、損失が出たときには、逆に税金面で損する可能性もあります。


[その2] すでに保有している株式や投資信託はNISA口座へ移せません。

2014年以降に行う新規の投資だけが対象だということです。


[その3] 金融機関によって取扱商品が違います。

たとえば、
銀行ではETF(上場投資信託)やJ-REIT(上場不動産投資信託)などは購入できません。
また、どの金融機関でも、比較的リスクの低い、国債、公社債、公社債投資信託などは受け入れてもらえません。


[その4] 1人1口座しか開設できません。

銀行と証券会社に1口座ずつ、なんてできません。


このように、デメリットも考慮に入れる必要がありますね。

NISAで上手に資産運用をするコツとしては、まず長期間、最低でも5年から10年程は動かすことのないような資産形成を視野に入れておくことが大切でしょう。

そして、それぞれのご家庭のライフプランに合った資産運用を考えましょう。

ご家庭のライフプランの作成ご希望の方は当店にお任せください。



facebook:https://www.facebook.com/fpico.net
HP:http://www.fpico.net
ブログ:http://blog.livedoor.jp/morehappy1
 
(有)FPiCO(エフピコ/FP今治コンサルティングオフィス)
〒799-1502愛媛県今治市喜田村2-5-14
TEL 0120-17-2414(無料通話・い〜な・つよいよ)
TEL 0898-36-6318 FAX 0898-36-6319

=いつまでも快いおつきあいができますように=


全国・愛媛・松山・今治・西条・新居浜・四国・ファイナンシャルプランナー・ライフプラン・相談・保険の見直し・家計・節約・窓口・将来設計・マイホーム・住宅ローン・生命保険・医療保険・教育資金・資産運用・FP・相続(税金)対策・生前贈与対策・遺言・遺産分割・事業承継対策・老後対策・介護対策・年金対策・人生設計・セミナー・お金・貯金・ライフプラン表・投資信託・節税

無料ご相談フォーム