生命保険の本質と意義|愛媛県・松山市・今治市・西条市・新居浜市・四国・ファイナンシャルプランナー・ライフプラン・生活設計・相談(有料相談・無料相談)・保険診断・保険の見直し・セミナー講師・家計・節約・家計診断・将来設計・マイホーム・住宅ローン・生命保険・医療保険・教育資金・資産運用・FP・相続(税金)対策・生前贈与対策・遺言・遺産分割・事業承継対策・老後対策・介護対策・年金対策・人生設計 // エフピコグループ・FPiCO English academy・塾・英語・英会話・初心者〜上級者・英語進学塾・学習塾・受験・小学・中学・高校生・英検・留学相談・通訳・翻訳

ライフプラン相談 FPiCO
FPは人生とお金のホームドクター

保障という効能

生命保険の見直しに際して

≪ 不確かさを確かさに変える確実な手段 ≫ − ヒューブナー − 


生命保険は、
たとえ困ることが起こったとしても、困ることのないように手立てしておくもの。

//////////////////////////////////

ディズニーランドのゲストレターから


お子様ランチ

東京ディズニーランドの中にあるレストランでのお話です。

若い夫婦がふたりでそのレストランに入りました。
店員はその夫婦をふたりがけのテーブルに案内し、メニューを渡しました。
するとその夫婦はメニューを見ずに、
「お子様ランチを2つ下さい。」とオーダーしたのです。

店員は驚きました。ディズニーランドの規則では、
お子様ランチを提供できるのは9歳未満と決まっているのです。

店員は、「お客様、誠に申し訳ございませんが、
お子様ランチは9歳未満のお子様までと決まっておりますので、
ご注文はいただけないのですが...。」と丁重に断りました。

すると、その夫婦はとても悲しそうな顔をしたので、
店員は事情を聞いてみました。

「実は・・・」と奥さんが話し始めました。

「今日は、亡くなった娘の誕生日なんです。
私の体が弱かったせいで、
娘は最初の誕生日を迎えることもできませんでした。

子どもがおなかの中にいる時に、主人と、
『3人でこのレストランでお子様ランチを食べようね』って
言ってたんですが、それも果たせませんでした。

子どもを亡くしてからしばらくは、何もする気力もなく、
最近やっと落ち着いて、亡き娘にディズニーランドを見せて
3人で食事をしようと思ったものですから・・・。」


店員は話を聞き終えたあと、「かしこまりました。」 と答えました。

そして、その夫婦を2人がけのテーブルから、
4人がけの広いテーブルに案内しました。
さらに、「お子様はこちらに」 と、夫婦の間に
子ども用の椅子を用意しました。

やがてそのテーブルには、お子様ランチが3つ運ばれてきました。

その店員は笑顔でこう言いました。


「ご家族でごゆっくりお過ごしください」


//////////////////////////////////


これはディズニーランドを舞台にした実話です。

この夫婦から後日届いた感謝状にはこう書かれていました。
 
「お子様ランチを食べながら、涙が止まりませんでした。
まるで娘が生きているように、家族の団らんを味わいました。
こんな体験をさせて頂くとは、夢にも思っていませんでした。
もう、涙を拭いて、生きていきます。

また来年も再来年も、娘を連れてディズニーランドに行きます。
そしてきっと、この子の妹か弟かを連れて行きます。」

//////////////////////////////////

さて、マニュアルがすべてと言ってもいいディズニーランドでの
この店員の行動は、明らかに規則違反です。


しかし、
この行動について上司からお咎めを受けることはありませんでした。

なぜなら、
この店員はディズニーランドが最も重要視しているルールに従って行動したからです。


それはお客さんに夢と感動を与えること。

//////////////////////////////////

保険の見直しに際して・・・

生命保険とは直接何の関係もない話でしたが、
もしこの家庭で一家の大黒柱である、
夫であり父親が亡くなったとしたらどうでしょう。

果たして母親と子どもはディズニーランドに
来ることが出来たでしょうか。


この父親が生命保険の契約をしていたかどうかは分かりません。
また、裕福な家庭なのかどうかもわかりません。
しかし、夫婦仲良く幸せな家庭であることは容易に想像できます。


おそらく、この父親は自分が万が一の時のことを思い、
家族のために生命保険に契約しているのではないでしょうか。

契約の際には、自分に万が一の事が起こったら、
まず第一に生命保険金が子どもの将来のためになるようにと
考えたに違いありません。

万が一の事が起こったとしても、生命保険を通して父親は生き続けます。
少なくとも父親は経済的には、
生前と変わらぬ愛情で家族を支えることができます。

父親は、家族を守るという人生の目的を達成できるのです。

//////////////////////////////////


そもそも生命保険は、

大勢の人々による相互扶助と家族に対する愛情を基本とするものです。

生命保険は、『大数の法則』という自然界の法則を科学的に活用し、
人間生活の豊かさを維持するための経済的・文化的な『助け合い』の制度です。

そしてその契約者に経済生活の『保障』と『準備』という効能を与えます。

すなわち、小額の負担で『将来の不安』を『現在の安心』に置き換えるもので、
この保障という効能はほかのいかなる金融商品にもない特質であり、
これが生命保険の利用価値の心髄なのです。

そして、生命保険の営業に携わる者なくして、生命保険制度は存在し得えません。
なぜならば、生命保険の営業員の助言なしに生命保険の真の必要性、保障内容などを、
一般消費者自らが理解し納得したうえで購入することは極めて困難なことだからです。



サイコロ
生命保険にできること
本当に大切なことは何か
なぜ
無料ご相談フォーム