生命保険見直し|愛媛県・松山市・今治市・西条市・新居浜市・四国・ファイナンシャルプランナー・ライフプラン・生活設計・相談(有料相談・無料相談)・保険診断・保険の見直し・セミナー講師・家計・節約・家計診断・将来設計・マイホーム・住宅ローン・生命保険・医療保険・教育資金・資産運用・FP・相続(税金)対策・生前贈与対策・遺言・遺産分割・事業承継対策・老後対策・介護対策・年金対策・人生設計 // エフピコグループ・FPiCO English academy・塾・英語・英会話・初心者〜上級者・英語進学塾・学習塾・受験・小学・中学・高校生・英検・留学相談・通訳・翻訳

ライフプラン相談 FPiCO
FPは人生とお金のホームドクター

生命保険はサイコロと同じ  <1つでも悪いと価値はとても低くなる>

生命保険の見直しに際して

同じ目ばかりが出るバランスの悪いサイコロは価値がありません。
生命保険にも重要なポイントが6つあります。全てのバランスが良くなければ生命保険としての価値はないか、あっても価値の低い保険ということになってしまいます。

◆保険会社と担当者の品質 → 大小より高低が大事(理念は高く、腰は低い人を選ぶこと)

1 【 常に適切なアドバイスがもらえることが大切です 】

人生は永いですし、世の中は常に変化していますので、生命保険も軌道修正が必要になったり、いろいろとアドバイスが欲しくなる時が必ずあります。

その都度、担当者から適切なアドバイスがもらえて本当に役に立つものになるのか、単にお金(掛け金)をどぶに捨てることになるのか、大きな差ができるのが生命保険です。担当者が、保険会社側に立つ人か、限りなく顧客側に立てる人かでアドバイスの内容は全く違ってきます。

また、いざという時の保険金や給付金の手続きについても、担当者の能力次第でもらえる金額にも大きな差が出ることもあります。

そういう意味においては、
◆ ネットや通販の担当者は100%保険会社の立場の人ですから、期待はできません。ある一定期間だけ簡単な保障を上乗せしておこう、という程度の活用ならいいかもしれません。

◆ 生保レディ方式の担当者はどうでしょうか。この場合も100%保険会社に雇われている立場ですから期待できませんが、ネットや通販ほどではないかもしれません。まずは人柄やプロとしての能力と永遠にこの仕事を続ける(後継者をつくる)という心構えがあるかどうかを確かめてみましょう。

◆ 保険ショップの担当者はどうでしょう。2016年5月29日から改正保険業法が施行されました。保険に関する法律が改正された原因は、悪質な保険ショップが多かったことです。以下のようなことを言っていた保険ショップは要注意です。
 ・中立公正な立場でアドバイスします
 ・ライフステージの変化に合わせて保障の見直しをしましょう
 ・何十社の保険会社からよりどりみどり、いいとこどりをしましょう
 ・格安の保険料、お手頃な保険料です
 ・生命保険も損害保険もペットの保険もお任せください
 ・保険のことならワンストップ
 ・組織をあげてご家族をお守りします
 ・家計の節約はまず保険から
 ・保険は掛け捨てが安いんですよ

これらはどれも、信じてはいけない宣伝文句です。

◆ 特に要注意は、「保険会社にはそれぞれ得意分野がある」という表現をしているケースがありますが、これもダメです。これは裏を返せば、ある一部分のことしかできませんということです。つまり、まだまだ未熟な保険会社ですということです。


しばらくお待ちください
m(_ _)m


◆ 銀行の窓口

◆ FP事務所

◆ 保険ブローカー




2 【 秘密が守られることが大切です 】

生命保険は個人情報の塊です。身体のことまでもさらけ出さなくてはいけません。
生命保険に加入する時には、過去から現在までの健康状態が診査の対象になります。
将来保険金や給付金をもらうためには、診断書を出さないと1円たりとももらえません。
( ※ 軽微な時は領収書のコピーだけで可の場合もあります。)

もし担当者がコロコロ変わるということがあれば、それは、皆さんの個人情報を引き継いだ人が、皆さんの地域にうじゃうじゃ増えているということです。中には口の軽い人がいるものです。

それから、当然のことながら転勤がある担当者制度もよくありません。


3 【 健全性が優れていることが大切です 】

保険会社は安心が売り物ですが、大手生保が次々と経営破たんしていき、大損した人がたくさんいます。これからもあるだろうと思います。また、経営不振で日本から撤退していく海外の保険会社や、合併などを繰り返す保険会社も後を絶ちません。

人生は永いのですから、いつまでも安心していられる生命保険会社を選ぶことが大事です。

それから、保険会社の仕事の1つは、保険金や給付金を支払うことですが、その仕事をしてない保険会社がたくさんあります。社会問題にもなりました。人の性格が簡単には変わらないように、企業も大きければ大きいほど簡単には変われないものです。誠実な生命保険会社を選ぶことが大切です。


◆ライフプランニングの品質 → 状況・考え・価値観に合わせることが大事

 ◆ 生命保険の基本はライフプランニング(人生とお金の将来設計)をきちんとすることです。

本来、生命保険は家の次に高い買い物と言われてきましたが、金融の自由化、規制緩和が強力に推し進められた結果、表面上安く見える保険が急増してきました。ところが、生命保険は理解するのがとても難しく、安かろう悪かろうもあれば、高かろう悪かろうもあるのが実態です。

生命保険は安ければいいというものでもなく、お金を掛ければ掛けるほど価値が高くなるという側面もあります。そして、ここでも大事なのが担当者です。担当者次第でその価値が、生命保険だけに天国になるのか地獄になるのか、大きな差ができるのが生命保険です。

たとえば車もそうです。本来は目的地まで快適に行けるはずの車も、未熟な人(担当者)が運転すると、最悪人を殺してしまう凶器にさえなります。

生命保険も同じです。生命保険という製品に担当者がかかわって初めて金融商品という奥の深い商品となります。「保障内容」と「値段」と「貯まるお金」の3つがみなさんの状況、想い、価値観に合っていなければ、その生命保険に価値はありません。

4 【 保障内容 】

保障内容については、どんな保障(死亡、医療、就労不能、貯蓄など)が誰にどれだけいつまで必要なのかをきちんと把握することがまず大事です。

たとえば死亡保障ひとつとっても、ご家族の構成、お仕事、収入と支出、住まいや子どもさんへの想いなど、みなさんそれぞれ状況や想い、価値観が違います。

ですから当然必要な保障額もそれぞれのご家庭で違って当たり前ですし、仮に必要な保障額が同じでも、想いや価値観の違いによって、どの種類の保険を選ぶかも違ってきます。

本来保険は目に見えないものですが、私どもと一緒にライフプランニング(人生とお金の将来設計)をすることにより、いろんなことが画面や紙面でクッキリと見えるようになってきます。それに沿って保障の設計をしていけば、理解と納得が出来て、ストンと腑に落ちる生命保険を手に入れる事ができるのです。


5 【 値 段 】

普通は物を買う場合、値段を気にするものですが、保険の値段については、よく勘違いをしている方がいます。毎月の掛け金(保険料)は値段ではありません。

たとえば、マイホームを購入して住宅ローンを毎月10万円支払っている場合、家の値段は10万円ではありませんよね。

ずっと元気に過ごしたとして、毎月の掛け金(保険料)をいつまで支払うことになるのか、全部計算してみてください。その合計金額が値段だとお考えください。

早速計算してみようとした方は、お気づきの方もいらっしゃることでしょう。更新型だとか生きている限り支払うタイプとかは、値段が分からないのです。値段がわからないものを購入することってほかにありますか?十分ご注意くださいネ。特に更新型は他の理由からも原則お勧めできるものではありません。

6 【 貯まるお金 】

生命保険は、貯蓄や資産運用を目的とする場合の、代表的な金融商品のひとつでもあります。

大原則、保障が必要で・・・

しばらくお待ちください
      m(_ _)m


生命保険にできること
本当に大切なことは何か
生命保険の本質と意義
なぜ
無料ご相談フォーム