セカンドオピニオンとは|愛媛県・松山市・今治市・西条市・新居浜市・四国・ファイナンシャルプランナー・ライフプラン・生活設計・相談(有料相談・無料相談)・保険診断・保険の見直し・セミナー講師・家計・節約・家計診断・将来設計・マイホーム・住宅ローン・生命保険・医療保険・教育資金・資産運用・FP・相続(税金)対策・生前贈与対策・遺言・遺産分割・事業承継対策・老後対策・介護対策・年金対策・人生設計 // エフピコグループ・FPiCO English academy・塾・英語・英会話・初心者〜上級者・英語進学塾・学習塾・受験・小学・中学・高校生・英検・留学相談・通訳・翻訳

ライフプラン相談 FPiCO
FPは人生とお金のホームドクター

セカンドオピニオンとは

ある新聞に、

「治療を決める前に、主治医以外の専門家の意見を聞く、セカンドオピニオンの勧め」

という見出しで記事が出ていました。


これを、生命保険に置き換えると、


「生命保険の契約を決める前に、担当の保険屋さん以外の専門家の意見を聞く、セカンドオピニオンの勧め」


となります。  



記事の本文中の、

「治療」を「生命保険の契約」に、

「主治医」を「担当の保険屋さん」に、

「患者」を「お客様」に、

「治療の内容」を「保障の内容」に、

置き換えるとこうなります。



「生命保険の契約」は「担当の保険屋さん」から説明を受けた上で

「お客様」が同意をするということが欠かせません。

その過程で最も重要なのは、

「お客様」が本当に納得できているかどうかです。

特に大きな「生命保険の契約」の場合、

自分で決められず悩む人も多いことでしょう。


その手助けとなるのがセカンドオピニオンです。


「お客様」が「担当の保険屋さん」から「保障の内容」の説明を受け、

重大な決断を下す前に第三者の専門家の客観的な意見を聞くことです。


セカンドオピニオンの存在が常識化している欧米に比べ、

日本ではやっと定着に向かってきたところです。

日本の「生命保険の契約」は、「お客様」が「担当の保険屋さん」に

「保障の内容」を委ねる【お任せ主義】がまだまだ多いということです。



「担当の保険屋さん」から十分な説明がないということで、

重大な「生命保険の契約」に決心がつかず、

そして迷った「お客様」がセカンドオピニオンの存在を知っても、


他の専門家にみてもらうなんて失礼にあたるとか、

今後気まずくなるのではないかなどと思いがちのようです。

そうした不安は理解できますし、

気分を害する「担当の保険屋さん」がいるのも事実です。



しかし、「生命保険の契約」の内容に自信を持っている「保険屋さん」は

セカンドオピニオンを勧めます。

また、現在は「保険屋さん」の健全な評価を求められている

時代でもあります。心配することはありません。



私ども専門家がセカンドオピニオンをお勧めするのは、

じっくりと「お客様」と対話することを重視したためです。

そして「お客様」が相談しようと思った理由は、

もっといい「生命保険の契約」があるのではないか、

という疑念を抱いたことによるものが最も多いのです。



そして、感想の多くは、時間を掛けて話を聞いてもらい、

説明を受けて満足した、というものです。



つまり今までは、「担当の保険屋さん」と「お客様」との話し合いが

十分ではなかったということです。



「保険の契約」を決定するのは「お客様」自身です。

セカンドオピニオンをうまく利用するには、自分も「生命保険」を勉強し、

具体的に何を明らかにしたいのかを整理しておくことが重要となります。



 
どうでしたか?

ほとんど違和感がなかったのではないでしょうか。

私のところにも、セカンドオピニオンを求めてやってくる人が

確実に増えてきています。



あなたもぜひセカンドオピニオンをどうぞご利用ください。

きっとすっきりと解決しますよ。

無料ご相談フォーム