保険相談見直しと保険担当者(生命保険)|愛媛県・松山市・今治市・西条市・新居浜市・四国・ファイナンシャルプランナーFP・ライフプラン・マネープラン・住宅ローン・子育て・教育費・保険相談・保険見直し(生命保険)・資産運用・投資・老後資金・有料相談・無料相談・保険診断(生命保険)・保険の窓口(生命保険)・暮らしの窓口・セミナー講師・家計・節約・家計診断・将来設計・相続・事業承継・介護対策・年金対策・人生設計 // エフピコグループ・FPiCO English academy・塾・英語・英会話・英語進学塾・学習塾・受験・小学・中学・高校生・英検・留学相談

ライフプラン相談 FPiCO
FPは人生とお金のホームドクター

なぜ相談相手(担当者)が必要か?

保険相談・保険見直し(生命保険)に、なぜ相談相手(担当者)が必要なのでしょうか。

まずはじめに、「中立な立場」を標榜する保険ショップ、ファイナンシャルプランナー、保険コンサルタントなどの言うことは、ほんの参考程度にとどめておいてください。

なぜなら、保険相談において「中立」というのは、耳触りがよいだけで、「ごまかし、惑わし、逃げ」以外の何ものでもないからです。

たとえば、私どもは何人もの弁護士に裁判の依頼をしたことがありますが、もし、「中立(公正・公平)な立場で弁護します」などという弁護士がいたら願い下げです。

いろんなことが事細かく決められている法律が完璧であれば、弁護士は不要です。しかし、実際はスキマだらけなので弁護士が必要なのです。そして、よい弁護士は、「中立(公正・公平)な立場」ではなく「あなたの立場」に立って、知識と技術とそれを結びつける知恵を振り絞り、あなたを勝利へと導くのです。

事実は1つなのに、弁護士によって結果は全く違ってきますよね。
そこに熱い気持ちがあるかないかで結果が全く違ってくるのです。

なぜならば、スキマだらけの法律をどう解釈し、どの法律とどの法律をどう結び付ければ勝てるのか、
熱い気持ちで「あなたの側」に立たなければ見つけられるものではないからです。
私どもは身をもって経験しているのでよくわかります。


実は、生命保険も全く同じなのです。

「死んだら保険金をもらうだけ」

生命保険は、そんな単純なものではありません。人生の「生老病死」に合わせたいろんな機能があるのです。
変化に合わせて修正する機能もたくさんあります。こと細かくいろんな決まりごとがあるのです。

しかし、実際はスキマだらけなので、もらえる金額も担当者によって大きく違うことだってあるのです。

生命保険には、よき相談相手(担当者)が必要なのです。
生命保険は、「人が商品」「人が品質」と言われる金融商品なのですから。

サイコロ
生命保険にできること
本当に大切なことは何か
生命保険の本質と意義
無料ご相談フォーム